体脂肪率とは

最近では家庭で手軽に測定できる体脂肪計が登場し、体脂肪率~肥満度までもがわかるようになりました。では、一体どれだけの人が自分の体脂肪率を把握しているのでしょう? ここでは「体脂肪率」について詳しく紹介しています。自身の体脂肪率はもちろん、その意味や状態を把握して健康管理にお役立てください!

体脂肪率ってなに?

「体脂肪率(%)」とは体重に占める体脂肪の割合、すなわち「自分の体重の何%が脂肪なのか」を示した数値です。健康的な体脂肪率の目安(平均)は男性10~19%女性20~29%とされ、それ以上になると「肥満」ということになります。なお、体脂肪率は家庭用の体脂肪計で簡単に測定することができるので、これを機にぜひ一度測ってみてください!

体脂肪率の計算式
体脂肪率(%)=体脂肪量(kg)÷体重(kg)×100
体脂肪率による肥満の目安
  軽度肥満 中度肥満 重度肥満
男性 体脂肪率20%以上 25%以上 30%以上
女性(15歳以上) 体脂肪率30%以上 35%以上 40%以上

BMIとは

肥満度を測定するもう1つの方法として「BMI(ボディ・マス・インデックス)」があります。これは体重と身長のバランスをチェックし、外見的な肥満度を測定するものです。計算式は「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」とされ、18.5~25までが正常範囲となっています。なお、最も健康的かつ病気になりにくいとされるBMI値は「22」です。逆に、標準値から離れるほど有病率は高くなります。ただし、これはあくまで統計的に病気になりにくい範囲を表しているものであって、スタイルが良い云々ではありません。

BMI値による肥満の目安
BMI値 判定
18.5未満 やせ
18.5~25未満 普通(適正)
25~30未満 肥満1
30~35未満 肥満2
35~40未満 肥満3
40以上 肥満4

あなたはどのタイプ?

同じような身長・体重なのに、体脂肪率による肥満測定で「標準」と「肥満」に分けられることもあります。つまり、同じ体重であっても筋肉や骨による重さ、あるいは脂肪による重さなのかによって肥満判定は違ってくるのです。外観や体重は標準的であっても、脂肪の割合が多い人はいわゆる「隠れ肥満」となります。ここでは体脂肪率とBMI値から、自分がどの体型に当てはまるのか見ていきましょう!

体脂肪率とBMI値による分類
体脂肪率(男性/女性) 分類
30%以上 40%以上 重度 隠れ肥満 肥満
25%以上
30%未満
35%以上
40%未満
中度
20%以上
25%未満
30%以上
35%未満
軽度 痩せ 標準 かた太り
20%未満 30%未満 標準
BMI値 痩せ 標準 肥満1 肥満2
18.5未満 18.5以上
25未満
25以上
30未満
30以上
タイプ別に見てみよう!
さて、あなたはどのタイプに当てはまりましたか?

痩せタイプ

見た目がかなり痩せているだけでなく、体脂肪も少ないようです。もう少し食べるようにして、体重を増やした方がいいでしょう。また、体脂肪が「痩せ」レベルの人はカロリー摂取を増やしてみてください。

標準タイプ

健康的、なおかつバランスのとれたカラダです。バランスのとれた食事と適度な運動を心がけ、現状維持に努めてください。

かた太りタイプ

見た目は太めですが、脂肪は標準あるいはそれ以下です。スポーツマンや運動量の多い仕事をされている方に多くみられ、現状は問題ありません。しかし、運動をやめた後もこのままの食生活を続けていると運動量に対して摂取カロリーが高くなり過ぎます。さらにはこれまで蓄えた筋肉も脂肪と化し、あっという間に肥満になってしまう可能性も・・・。運動量が減ったら、それと同時に体重を減らすよう心がけてください。

隠れ肥満タイプ

体重は標準以下であっても、体脂肪の割合が多いタイプです。脂肪が多いということはそれだけ筋肉や血液、骨などが少ないということ。このままではカラダの機能が衰え、健康を害してしまうかも知れません。見た目ではわからないため、本人も自覚していないことが多いでしょう。運動不足やダイエットなどを繰り返すと、食べる量は少なくてもカロリーが脂肪に変わりやすくなってしまいます。バランスのよい食事、また適度な運動を心がけてください。

肥満タイプ

生活習慣病につながる恐れがあるので、体重と脂肪を同時に減らす必要があります。まずは、食生活を見直すことから始めてみましょう。これまであまり運動をしていなかった人は急にハードな運動を始めるより、軽い運動(ウォーキングなど)をコツコツ続けてみてください。

内臓脂肪の割合は?

体脂肪の中でも「内臓脂肪」は生活習慣病と密に関係し、またその割合を知るには病院で検査を受ける必要があります。病院では腹部CT検査によって臍の位置で内臓脂肪の面積(断面積)が100㎡以上ある場合を「内臓脂肪型肥満」としています。また、最近では内臓脂肪の測定機能をもつ体脂肪計によって、家庭でも内臓脂肪型肥満の可能性を把握できるようになりました。おなか周りがポコッと出てきたら、自分の内臓脂肪に関心を持つよう心がけましょう!

体脂肪の基礎知識
体脂肪が原因となる病気
体脂肪を減らすには
一緒に読まれている記事
運営会社