体脂肪計の使い方

体脂肪率を正確に測るには、まず体脂肪計のメカニズムを把握しなければなりません。ここでは体脂肪計のしくみをはじめ、測定時のポイントなどをご紹介します!

主な測定方法

市販されている体脂肪計はその量を直接測るのではなく、あくまで推定値を算出するものです。なお、主な測定方法は以下の通りとなっています。

インピーダンス方式 体内に微弱な電流を流して生体のインピーダンス(電気抵抗)を測定し、そこから体脂肪率を割り出す方法です。最も簡便かつ普及している方法であり、市販されている体脂肪計のほとんどはこの方法となっています。
遠赤外線方式 体内の水分や脂肪に光をあて、その吸収量によって体脂肪率を割り出します。比較的、誤差の少ない体脂肪計です。
皮下脂肪厚
(キャリバー)方式
皮下脂肪の厚さを測定し、計算式に当てはめて体脂肪率を割り出します。極めて簡便な方法ではあるものの皮下脂肪の分布には個人差があり、そこで誤差が生じることも。また、内臓脂肪の測定ができないといった欠点もあります。

測定のしくみ

体脂肪計で年齢や性別、身長などを入力するのには理由があります。各メーカーはさまざまな方法(水中体重法など)によって大勢の人のデータを収集し、体脂肪率と体重との計算式を作成しています。このため自分のデータをどの計算式に当てはめて計算するかを調べるために、データの入力が必要不可欠なのです。正しいデータを入力し、測定しましょう。また、プロスポーツ選手やボディビルダーのように日々トレーニングを重ねて鍛えているような場合は計算式を変えなければなりません。一部の体脂肪計にある「アスリードモード」などは、このような人のためのものです。

正しい測り方

体内の水分量や分布が最も安定しているのは、夜の入浴~2時間後ぐらいの就寝前とされています。この時間に測るとわりと正確な数値が計測できるらしいので、ぜひ試してみてください。体脂肪を測る上で大切なのは、毎日できるだけ同じ時間帯および条件で測ること。もちろん、メーカーによっても数値は異なりますが、毎日同じ体脂肪計・時間帯・条件で測れば、少なからず数値の増減を把握することはできます。逆に、昨日は入浴前に測ったけど、今日は入浴後だった・・・と測る時間帯がまちまちだったり、条件が違ったりすると、その数値はあまり参考にならないと考えていいでしょう。本当に体脂肪が増減しているものなのか、単に水分の影響なのかが判断できないからです。入浴に限らず、運動前後なのか、飲食の前後なのか、もっといえば排泄の前後なのかなど、揃えておきたい条件は山ほどあります。また、いずれも「直後」という状況(食事の直後など)だけは避けるようにしましょう。

体脂肪を測る際の注意点

上に乗るタイプの体脂肪計であれば、両足の膝や太ももがくっつかないように立ちましょう。くっついていると電流の流れ方が変わり、正確な数値が測れません。もちろん、計測時は素足・素手を心がけてください。また、手や足に汗をかいていたり、水がついていたりすると、電流がそこを通ってしまい、そのまま体の表面だけを流れてしまう可能性があります。こうなると大きな誤差が生じるので、計測前はからだについた水分(できればゴミやホコリなども)を取り除きましょう。なお、心臓ペースメーカーを付けている人は使用しないでください。妊娠中も電流そのものは問題ないとされていますが、数値に誤差が生じやすいので、オススメできません。

体脂肪の基礎知識
体脂肪が原因となる病気
体脂肪を減らすには
一緒に読まれている記事
運営会社