高脂血症

最近は過食や運動不足によって内臓脂肪が蓄積し、複数の生活習慣病を合併する人が急増しています。中でも、動脈硬化を促進する大きな原因の1つとして「高脂血症」が注目されています。では、一体どのような病気なのでしょう?

どんな病気?

高脂血症は血液中の脂質(脂肪)、特にコレステロールと中性脂肪が増えた状態のことをいいます。これといった自覚症状がないため気付かずにいることも多く、ある日とつぜん心筋梗塞などの発作に見舞われる人も少なくありません。総理府の調査によると高脂血症について「怖い病気」とイメージする人は少なく、また「わからない」という人も多いとか。しかし、高脂血症は自覚症状が出たときにはすでに心臓や脳、下肢の動脈硬化が進み、突如として狭心症心筋梗塞脳梗塞を引き起こすため、高血圧と同様に「サイレント・キラー(沈黙の殺人者)」とも呼ばれている怖い病気なのです。

高脂血症の種類

原因からみると、高脂血症には「原発性」「続発性」の2タイプがあります。

原発性高脂血症 病気でもなく、また何か薬を服用しているわけでもないのに、コレステロールや中性脂肪が高く、原因が判明しません。そのほとんどは、遺伝的な体質に原因があると考えられています。
続発性高脂血症 高カロリーや高脂肪な食事、内分泌性、代謝異常、腎疾患、薬物などを原因とするもの。

体脂肪との関係

中性脂肪は体脂肪のもと。つまり、中性脂肪が蓄積されると体脂肪になります。一方、コレステロールは中性脂肪と同じ脂質の1つとされ、血液中を中性脂肪と一緒に運搬されています。中性脂肪がエネルギー源であるように、コレステロールもまたからだの細胞膜をつくったり、ホルモンをつくったりする重要な役割を担っています。しかし、どちらも血液中の濃度が高くなると高脂血症となり、動脈硬化を引き起こす原因となるので注意が必要です。

症状と合併症

高脂血症には、これといった自覚症状がほとんどありません。血液中の脂質が増え、粘り気も増した状態が続くと血管内壁に脂質が沈着し、動脈の壁が厚く硬くなっていきます。その結果、命に関わる恐ろしい合併症(狭心症や心筋梗塞、脳梗塞など)を招きやすくなるのです。コレステロールや中性脂肪の管理をしっかりと行い、合併症を防ぎましょう。

検査と診断

高脂血症かどうかは12時間以上食事をとらずに採血してコレステロールや中性脂肪(トリグリセリド)、LDLHDLの値を測定し、判断します。なお、診断基準は以下の通りです。

高脂症の診血断基準(日本動脈硬化学会高脂血症診療ガイドライン参照)
高脂血症のタイプ 基準となる項目 / 値
高コレステロール血症 総コレステロール 220mg/dl以上
高LDLコレステロール血症 LDLコレステロール 140mg/dl以上
低HDLコレステロール血症 HDLコレステロール 40mg/dl未満
高トリグリセリド血症 トリグリセリド 150mg/dl以上

高脂血症の予防と治療

糖尿病と同様、高脂血症も日常生活の見直しによる改善が期待できる病気です。食生活を見直し、軽い運動を習慣づけるなどして自分の健康を守るようにしましょう。また、薬を飲む場合は医師の指示に従って、根気よく服用してください。

食事療法 高脂血症といわれたら、まずは「食事療法」です。コレステロールが高い人は脂肪を制限し、また中性脂肪の高い人は糖質の食べ過ぎに注意します。また、アルコール類もとらないようにしましょう。
運動療法 運動すると酵素(リポ蛋白リパーゼ)が活発に動くようになり、中性脂肪を分解して善玉であるHDLコレステロールをたくさんつくるようになります。ジョギングや水泳など、全身運動のほうがより効果的です。
薬物療法 食事療法や運動療法でもコントロールできない場合、薬を飲む必要があります。高脂血症の治療薬は服用をやめると再び脂肪の値が上がってしまうため、医師の指導のもと正しく服用し、適正値を保ちましょう。
アフェレーシス他 遺伝性の場合、薬物療法だけでは不十分なこともあり、LDL(悪玉)コレステロールを特異的に除去する「アフェレーシス」が行われます。また、将来的には遺伝子治療が応用されるかも知れません。
体脂肪の基礎知識
体脂肪が原因となる病気
体脂肪を減らすには
一緒に読まれている記事
運営会社